インフルエンザと風邪の見分け方

インフルエンザはなるべく早めに治療を開始した方がいい病気です。でもインフルエンザなのか風邪なのか?病院に行く前に迷ってしまうことはありませんか?まずはインフルエンザの特徴をよく知って、なるべく早めに病院に行ったり治療を開始しましょう。治療薬を常備しておくとかなり便利です。

*

治療にも予防にも使われているインフルエンザの薬「リレンザ」の効果

毎年11月ごろから春先にかけてインフルエンザが流行します。

インフルエンザにはA型・B型・C型の3種類があり、流行を起こすのはA型とB型の2種類です。C型も他のものと同じように発熱や鼻水が出ますが、一度かかると免疫力が付くため二度とかからず流行することもありません。

インフルエンザは全身に症状が出るのが特徴です。

インフルエンザにはリレンザが処方されることが多い

38度から40度近い高熱が一気に出て、寒気や倦怠感、筋肉、関節、咽頭など体の様々な部分が痛くなります。

インフルエンザウイルスは強いので、潜伏期間は1日程度と短くあっという間に拡大していきます。合併症を起こすのも特徴で、中耳炎や肺炎、脳炎、脳症、気管支炎などをがあります。高齢者は肺炎を、乳幼児は脳炎や脳症を起こしやすいので罹患しないようにすることが大切になります。

インフルエンザに罹患した場合、リレンザが処方されます。

リレンザはA型・B型に効果がある

リレンザはA型・B型のタイプに効果のある薬で吸入するタイプのものです。

ウイルスは喉や気道の粘膜で増殖しますが、リレンザを使用することによってウイルスに直接働きかけることが出来て、早く発熱や倦怠感、筋肉痛といった症状を緩和することが出来ます。

リレンザはウイルスを死滅させることは出来ませんが、増殖を抑えることが出来る治療薬なので3日ほどたつと症状が和らぎます。ですが、ウイルスは1時間に100万個も増殖してしまうので、48時間を超えてしまうと薬の効果を十分に得ることが出来ません。

リレンザの効果のタイミングは発症後48時間ですので、遅くならないように注意が必要になります。

子供も大人も使える治療薬であり予防も可能

使用方法は1日2回、5日間です。大人でも子供でも薬の量は同じです。うまく薬を吸い込まないと効果がなくなってしまうので、落ち着いて吸入するようにしましょう。

リレンザは予防薬としても使われている医薬品です。
この医薬品を予防薬として使用する場合は、保険の適応とならないので自費での購入となります。

家族や介護をしている人がかかってしまった場合に使用が出来ますが、対象者も糖尿病や65歳以上の高齢者、慢性呼吸器疾患や心疾患、腎機能障害といった病気がある人と決められています。ですが、受験などを控えている場合は、処方してもらうことが出来ます。使用方法は1日1回10日間となり、医薬品を使用している間だけ予防効果があるので注意するようにしましょう。

また気管支に炎症があったり喘息といった病がある場合は、気管支の薬を使用してからインフルエンザの薬を使用するようにしましょう。

公開日: