インフルエンザと風邪の見分け方

インフルエンザはなるべく早めに治療を開始した方がいい病気です。でもインフルエンザなのか風邪なのか?病院に行く前に迷ってしまうことはありませんか?まずはインフルエンザの特徴をよく知って、なるべく早めに病院に行ったり治療を開始しましょう。治療薬を常備しておくとかなり便利です。

*

最近とても増えているリレンザを個人輸入で入手する方法

      2016/10/04

リレンザはインフルエンザの治療薬として使われています。

A型・B型両方ともに効きますし耐性ウイルスに対しても有効です。粉末状の薬を吸入して服用するため、特にウイルスが増殖しやすい気道の粘膜に直接成分が届けられるのでよく効き、即効性があるのも特徴です。治したいところのみに直接成分を届けるという形態のため錠剤と違って身体全体に作用することはなく、副作用が少ないというのもメリットです。

リレンザは処方箋が必要な医薬品

日本ではリレンザを利用するには病院に行き医師から処方されないと手に入れることが出来ません。

しかしそれだとインフルエンザになってからではないとこの薬を手に入れることが出来ないのです。冬場のインフルエンザが流行する時期に早めに服用したい、常備薬として持っていたいという方は個人輸入がおすすめです。最近は個人輸入でリレンザを購入する方が増えているのです。

輸入といってもその方法は簡単です。代行サイトで販売されているものを購入すればよいだけです。さまざまなサイトがある中で信頼出来るところを慎重に選べば、粗悪品をつかんでしまうことはありません。規約面や運営面のしっかりとしているところを見つけ出すようにしましょう。

輸入の際のトラブルや粗悪品使用によるトラブルが起こらないためにも重要です。違法業者も多く存在しているので、口コミなど見ながら信頼出来るサイトを見つけ出しましょう。

個人輸入の代行サイトは日本語表記で安心

外国の製薬メーカーが製造して外国の市場で出回っているものですが、普通に日本の商品をインターネットで購入するのと同じように買うことが出来ます。

日本で購入するよりも安く手に入りますし、わざわざ病院に行って診察料を払う必要もないので便利です。インフルエンザで本当に辛くなっているときに、病院で診察のために何十分も待たされるのはさらに辛いものです。しかし家に置いてあれば、家族がインフルエンザにかかってしまったというときも予防としてすぐに使用することが出来、二次感染を防ぐことも出来ます。

ただ運営会社によっては1度に購入出来る量が制限されているところもあります。常備薬としてまとめ買いしておきたいという場合には注意が必要です。治療薬によっては異常行動を取ってしまって死亡したりという副作用がある薬もありまが、そんな中、リレンザはリスクの少ない薬として有名です。

とはいえ、用法用量はきちんと守って使用するようにしましょう。万が一のことがあればすぐに医師に相談するようにしましょう。